2015年12月17日

無題な日々3

朝からももクロのニュースが流れていた。
また寒くなってきた。

大山へお札をいつ返しにいくか考え中。大晦日?正月?
どうしよう。

読書「すべてがFになる」

posted by 台北猫々 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月15日

無題な日々2

下町ロケットのガウディ編をまとめ見
水戸黄門的なカタルシスがある

スーパーでしゃぶしゃぶ用のぶりを買い、家で鍋。

読書中『神去なあなあ日常』

猫さんは飲んでいるみたい。
posted by 台北猫々 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

無題な日々1

今日は5km程度歩いた。
猫さんは風邪をひいたみたい。
医者にいくのがいいのか相談された。

「ソロモンの偽証」文庫を読んでいる。面白い。
posted by 台北猫々 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

高尾山〜小仏峠

高尾山へ行った。
大変な混雑。紅葉のピークだったことを失念。

山頂近くの売店で、なめこ汁を食べようとしたが、混雑のため
時間が大変掛かるとのことで、断念。次の機会にしよう。

posted by 台北猫々 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月27日

涸沢ヒュッテ(北アルプス)

上高地〜横尾〜涸沢ヒュッテ

北アルプスに行きました。

奥穂高、涸沢岳のモルゲンロートをみました。

20150727_1.JPG

これは昼頃

20150727_3.JPG

まだ、雪が残っています。雪渓。

20150727_2.JPG

posted by 台北猫々 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月21日

滝子山

新しい登山靴の試行運転のため、滝子山に行ってきました。

09:00 笹子駅
10:30 滝子山登山口(途中で道を間違えてしまったため、時間がかかった)
13:00 頂上
15:15 滝子山登山口(初狩側)
16:00 初狩駅

なんだか水の豊富な山でした。麓の町もあちこち水が流れていたので、若干
水の町な感じで。

今回ちょっと気が抜けてて、昼ご飯を持たずに登りだしてしまって、朝7時に
朝バナナを食べた以降何も食べずに行くことになってしまいました。
登りだしからガス欠状態だったので無駄につらかった。。。

道程では沢を渡ることが多いのですが(頂上⇒初狩の方が特に)、増水気味
だったせいか、渡るのた〜いへん。足場がギリ。

あと写真

20150719_1.JPG
笹子駅。


20150719_2.JPG
影が濃くて、夏という感じ(この写真を撮ったときは道を間違っていた

20150719_3.JPG
朝ですでに29度。。。

20150719_4.JPG
しばらく国道沿いをあるいていると看板がでてきます

20150719_5.JPG
登山口、ここまで結構登りきつい

20150719_6.JPG
少しいくと橋が、橋を渡ったあと沢の中を登っていくのかと勘違い。。。

20150719_7.JPG
頂上近くにこんな芝生の広場が。頂上よりこちらでお弁当など食べたほうが
ゆっくりできそう。

20150719_8.JPG
頂上。ここまでくるころにはくたくたMAX

20150719_9.JPG
下山途中。若干ジブリっぽい雰囲気が。

20150719_10.JPG
沢増水中(?)足場不足で渡るのたーいへん。そして頑張って渡ったら間違えていて
また戻ることに。。。




posted by 台北猫々 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月18日

虹がかかる

半分だけの虹は見たことがありましたが、
ちゃんと虹が掛かった状態は初めてみました。
でも、7色はみえないなー

20140718.JPG
posted by 台北猫々 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月08日

ことの葉ひらひら その54

"礼儀を持って遠慮を捨てろ"

遠慮が過ぎて、逆に失礼な感じになってしまうことありますね

by 東京スカパラダイスオーケストラ
posted by 台北猫々 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2015年03月05日

「幕が上がる」は"青春の原風景"

「幕が上がる」を見ているときの感覚ってなんだろうと考えて
思いついたのは、田舎の田園風景を眺めている感覚なのだなと
思いました。例えば、このようなものですが(↓)

20150305.jpg

日本人の心にある原風景であるところの田園風景。
それに近いものがありました。

なんだか不思議と懐かしくて、少し切なくて、そんな感覚を与えてくれる
"青春の原風景"である「幕が上がる」はおすすめの映画です。


posted by 台北猫々 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記