2015年03月08日

ことの葉ひらひら その54

"礼儀を持って遠慮を捨てろ"

遠慮が過ぎて、逆に失礼な感じになってしまうことありますね

by 東京スカパラダイスオーケストラ
posted by 台北猫々 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2012年03月21日

ことの葉ひらひら その53

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。」

by マザーテレサ
posted by 台北猫々 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2012年03月11日

ことの葉ひらひら その52

『常歩無限(なみあしむげん)』

駆け足でなくても歩みを止めなければ、いつかはそこに辿りつけます。
posted by 台北猫々 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2011年06月28日

ことの葉ひらひら その51

『人生ライトゴロ』



ヒット打つ力はあるんだけどなー。
posted by 台北猫々 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2011年05月15日

ことの葉ひらひら その50

『整数は神の作ったものだが、他は人間の作ったものである』

by レオポルト・クロネッカー


私としては、
「素数」が神が作ったもので、その間を人間が埋めたのが「整数」
なのかなと思います。

原子核の性質と素数が深く関係しているというのは興味深い。。。
posted by 台北猫々 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2011年04月04日

ことの葉ひらひら その49

『殺身成仁』

by 孔子


身を殺して仁を成す


今回の震災の出来事では、この言葉を思い浮かべることが多いですね。
極限状態の中でなお「仁」を示した方々に、敬意を送ります。
posted by 台北猫々 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2011年01月23日

ことの葉ひらひら その48

『無理をさせ、無理をするなと、無理を言う』

by http://japan.zdnet.com/blog/netcommerce/2011/01/22/entry_27044400/?ref=rss


これは、なるほどです。
あるある!
posted by 台北猫々 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年12月15日

ことの葉ひらひら その47

『つまづくのは恥ずかしい事じゃない。
立ち上がらない事が恥ずかしい。』

by 三浦綾子


一度しか無い人生で、起こってしまった限りある事象に対してどのように
向き合うかでその人の人生のありようが変わっていくのでしょう。
posted by 台北猫々 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年09月04日

ことの葉ひらひら その46

『It's the only neat thing to do.(それがたった1つの冴えたやり方)』



なんか言葉の響きがいいですね。
こういう題名の本があるのを初めて知りました。今度読んでみよう。
posted by 台北猫々 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年08月30日

ことの葉ひらひら その45

「なぜ、酒なんか飲むの」
「忘れたいからさ」
「忘れるって、何をさ」
「はずかしいのを忘れるんだよ」
「はずかしいって、何が?」
「酒を飲むのがはずかしいんだよ」

by 星の王子さま


そうか、私はそういうことだったのか。。
負の連鎖。
posted by 台北猫々 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年08月27日

ことの葉ひらひら その44

「生きるとは呼吸することではない。行動することである」

by ルソー



人が人であるために。
posted by 台北猫々 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年05月26日

ことの葉ひらひら その43

「守破離」

守=まずは決められた通りの動き、つまり形を忠実に守り
破=守で学んだ基本に自分なりの応用を加え、
離=形に囚われない自由な境地に至るというものである。

by Wikipedia

基本は武芸の言葉(?)みたいですが、技術の世界にも通じるものがありますね。
posted by 台北猫々 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年04月17日

ことの葉ひらひら その42

「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」

by 崇徳院


百人一首の中で、これだけ覚えています。
posted by 台北猫々 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2010年01月08日

ことの葉ひらひら その41

「生きるってことは、戦うってことでしょう?」

それが生命のありようなのかな


posted by 台北猫々 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年12月24日

ことの葉ひらひら その40

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困る。
この始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得
られぬなり」

by 西郷隆盛

ことの葉ひらひら その25

時を越えて同じようなことを思う人はいるのですね。
posted by 台北猫々 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年10月31日

ことの葉ひらひら その39

I cannot lose a world for thee,
But would not lose thee for a world.

by バイロン

日本語訳は、
「君のためにたとえ世界失う事があろうとも、
世界のために君を失いたくない」
となります。

意訳すると、こんな感じにもなりますね。
「君のためなら、僕は世界を敵に回したって構わない。」


posted by 台北猫々 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年10月10日

ことの葉ひらひら その38

「現実の恐怖は心に描く恐怖ほど怖くない」

by シェークスピア


案ずるより生むがやすし
ということです。実際、悪い方悪い方に考えてることって
現実に起きない事が多いような気がします。

posted by 台北猫々 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年09月10日

ことの葉ひらひら その37

「凡ての傷口を癒合するものは月日である」

〜夏目漱石


時間は凡てのものに対して平等で残酷にということです。
つらくても忘れたくない傷を容赦無く塞いでしまいます。
posted by 台北猫々 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年08月23日

ことの葉ひらひら その36

「世の中に人の来るこそうるさけれ
          とはいふもののお前ではなし」
by 蜀山人


人付き合いが嫌いなのと、人間嫌いは違う、
ということ。

私の場合は、人は好きだけど人付き合いは苦手かな?
posted by 台北猫々 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉

2009年07月01日

ことの葉ひらひら その35

「急いで生きないと、
  死に追いつかれないように」

by ジェームズ・ディーン


テレビで偶然見たのでメモ。
ジェームズ・ディーンの主演作品は「エデンの東」しか見たことありませんが、印象深い作品でした。
posted by 台北猫々 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉