2019年01月13日

合成生物学の衝撃



既存のゲノムの機能を解析するのは大変なので、自分達で新規にゲノムを
合成して知っていこうとするアプローチ。

設計書のない長大なプログラムソースを解析して変更するよりかは、自分で
一からコーディングした方が早いよ的な。

posted by 台北猫々 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

QR決済



QR決済についてだけでなく、他のキャッシュレス決済の動向などを網羅的に記載しているので
「現在」を知るのにちょどよい。
posted by 台北猫々 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2018年09月17日

2014年11月09日

続・「幕が上がる」平田 オリザ

先週に読みました「幕が上がる」ですが、ももクロ主演で映画になるのですね。
なんかamazonなんかはあっという間に売り切れになってしまいました。すごい。
先に読んでいてよかった。

この映像化は楽しみ
爽快な映画になっているといいなぁ

原作の「幕が上がる」で心に残っているのが、銀河鉄道の夜でジョパンニが、
カンパネルラと旅した理由です。読んでいて何か腑に落ちました。
posted by 台北猫々 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2014年11月02日

「幕が上がる」平田 オリザ

青春小説。高校の演劇部が大会を目指していく。
さわやか。すきなやつでした。

posted by 台北猫々 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2012年06月20日

スタンド・バイ・ミー

言わずと知れた名作ですが、レビュー。
私が好きなのは、最後の老人となった主人公のナレーション部分です。

他人の喧嘩の仲裁で命を落とした友人のことを「彼らしい最後」だったと
淡々と話すのが、”年月”というものを感じさせ、そしてその”年月”を
越えてなお、「彼ら以上の友人を得たことはない」という主人公のセリフが
じ〜んときました。


posted by 台北猫々 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2012年01月09日

空をサカナが泳ぐ頃

会社の給湯室に置いてあったお土産のタバコを吸ってみたら身の周りに
魚が泳ぎだして。。。同じ世界でも接し方を変えると違ったものになる
という話しです。

登場人物が個性的に良く描かれていて楽しく読めます。
ストーリーも丁寧に書かれていて、すっきりとした読みごたえです。

posted by 台北猫々 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2011年04月19日

シアター!




これは面白い。。。
と思って、2巻を図書館で借りようと思ったら、40人待ち状態。。。
1年以上待つことになるなあ。

経営難な小劇団が、ツンデレな鉄血宰相に泣き付いて建て直しを図っていく
お話しですが、各々の登場人物を良く書けてます。良作です。
posted by 台北猫々 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2011年02月21日

「とある飛空士への追憶」

これは良い。
誇り高い飛行機乗りたちの切ないけど、爽快なストーリーです。
初めから終わりまで一気に読んでしまえる本ですね。

映像で見てみたい気もするなぁ。


posted by 台北猫々 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年09月28日

僕らのワンダフルデイズ



これは面白いです。竹中直人ら俳優陣が素晴らしいです。笑いあり涙ありで最後まで楽しめました。また、歌がいいんですよね、なんか素朴なんですが、胸に染みる感じでした。
posted by 台北猫々 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年09月07日

『神様のメモ帳』



本屋でふと見かけて、なんか感じるものがあったので買ってみましたが、これは当たりでした。エンターテイメントしてますね。しっかりと丁寧に書かれていますので、楽しめて読めました。

posted by 台北猫々 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年07月17日

「おっぱいバレー」



ストーリーは王道ですが、それだけに安定した面白さがあります。あと、時代背景がレトロなのがいいんですよね、昭和40年代〜50年代でしょうか。その頃の、流行歌が挿入歌として使われているのも、作品をさらに良くしていました。
posted by 台北猫々 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年05月11日

「僕の彼女はサイボーグ」



前半(SF要素ありのハートフルコメディ)と後半(災害パニック)とさらに後半(SFタイムパラドックス)で別の映画を見ているようで、なかなかのやりたい放題っぷりでした。ストーリー自体は腑に落ちないところばかりで、印象に残ったのは綾瀬はるかが胸を強調する衣装ばかり着ているところで、この監督が伝えたかったことはこれなのかなというところ。

ネタとして、深く考えずに見るにはいいかもしれません。

#これはサイボーグではなくて、アンドロイドだよなー
posted by 台北猫々 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年05月08日

「あの歌がきこえる」



山口県のとある高校の同級生3人の物語を懐かしい色々なメロディーに載せた短編集です。なんか懐かしくて切ないような、心の奥の方にある琴線にふれるような話ばかりでした。

好きな話は「案山子」と「トランジスタ・ラジオ」でした。
「案山子」は、東京から逃げてしまった近所の兄ちゃんを、主人公の両親が不器用に励ますところが、心暖まりました。「トランジスタ・ラジオ」は、”こんな気持うまく言えたことがない”という歌のフレーズが、心に残りました。
posted by 台北猫々 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年01月25日

「その日のまえに」

通勤の電車で読んでいたのですが、もう目がウルウル状態で
下手したら涙がこぼれてしまいそうでした。

オムニバス形式なのですが、「その日」に向かって収斂されていくのが、「くーっもうやだ〜(悲しい顔)」な感じでした。


posted by 台北猫々 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年01月24日

「空中ブランコ」

面白かったです。
通勤の電車の中で読んだのですが、相当ニヤニヤしながら
読んでいたと思います。

特に「義父のヅラ」が秀逸でした。


posted by 台北猫々 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2010年01月11日

「内村さまぁ〜ず」

なんか、急にはまってしまいました。
レンタルして一日中見ていました。

たま〜に、ゲストMCによって、だいぶフワッとしてしまう回があるのですが、昔からのウンナンファンとしては好きな感じですね(ナンちゃんは出ていないですが)。


posted by 台北猫々 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2009年12月13日

「歓喜の歌」

レンタルビデオ屋に行ってなにげなく目に入ったので、
見てみました。

面白かったです。役者陣がしっかりしているといいですね。
安心してストーリーを楽しめました。

文化会館の適当な公務員である主人公がミスをして、大晦日の日の文化会館の会場に、2つコーラスグループをダブルブッキングしてしまったことから物語が始まります。段々と皆の想いが収斂していくさまが、ベタかもしれませんが良かったです。

原作は落語(?)のようですね。そちらだとどのような
感じになるのか興味が湧きました。

posted by 台北猫々 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2009年11月21日

『Yes Man』

基本はファンタジーなんですよね(現代版おとぎ話かな)。
ストーリーがシンプルで、テンポも良くて、
何も考えずに楽しめる作品でした。

posted by 台北猫々 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2009年11月15日

『神様のパズル』DVD

今日は久しぶりにDVDを借りて見ました。
以前に小説の方を読んで、面白かったので見てみました。

多分失敗パターンであろうと、思っていたのですが、、、

やはり失敗でした。。。う〜ん、きっと原作を読んでいないと
もう少し楽しめるのかもしれませんね。

元々、原作が映画向きではないのに、無理に映画化してしまった
のかなと思います。原作では科学や哲学的な部分が強かったの
ですが、その辺はだいぶバッサリ切って、普通の作品に仕上げて
いました。

原作の面白かったのは、あくまで日常というか平凡というかそう
いった中で、「宇宙の作り方」という突拍子もない命題を扱うと
いうシュールなところなのですが、全国公開の映画だとキャラクタ
とかを濃くしないと受けいれられづらい事情とかあるのかなと
思いました。

posted by 台北猫々 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術