2015年12月15日

無題な日々2

下町ロケットのガウディ編をまとめ見
水戸黄門的なカタルシスがある

スーパーでしゃぶしゃぶ用のぶりを買い、家で鍋。

読書中『神去なあなあ日常』

猫さんは飲んでいるみたい。
posted by 台北猫々 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

無題な日々1

今日は5km程度歩いた。
猫さんは風邪をひいたみたい。
医者にいくのがいいのか相談された。

「ソロモンの偽証」文庫を読んでいる。面白い。
posted by 台北猫々 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

高尾山〜小仏峠

高尾山へ行った。
大変な混雑。紅葉のピークだったことを失念。

山頂近くの売店で、なめこ汁を食べようとしたが、混雑のため
時間が大変掛かるとのことで、断念。次の機会にしよう。

posted by 台北猫々 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月27日

涸沢ヒュッテ(北アルプス)

上高地〜横尾〜涸沢ヒュッテ

北アルプスに行きました。

奥穂高、涸沢岳のモルゲンロートをみました。

20150727_1.JPG

これは昼頃

20150727_3.JPG

まだ、雪が残っています。雪渓。

20150727_2.JPG

posted by 台北猫々 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月21日

滝子山

新しい登山靴の試行運転のため、滝子山に行ってきました。

09:00 笹子駅
10:30 滝子山登山口(途中で道を間違えてしまったため、時間がかかった)
13:00 頂上
15:15 滝子山登山口(初狩側)
16:00 初狩駅

なんだか水の豊富な山でした。麓の町もあちこち水が流れていたので、若干
水の町な感じで。

今回ちょっと気が抜けてて、昼ご飯を持たずに登りだしてしまって、朝7時に
朝バナナを食べた以降何も食べずに行くことになってしまいました。
登りだしからガス欠状態だったので無駄につらかった。。。

道程では沢を渡ることが多いのですが(頂上⇒初狩の方が特に)、増水気味
だったせいか、渡るのた〜いへん。足場がギリ。

あと写真

20150719_1.JPG
笹子駅。


20150719_2.JPG
影が濃くて、夏という感じ(この写真を撮ったときは道を間違っていた

20150719_3.JPG
朝ですでに29度。。。

20150719_4.JPG
しばらく国道沿いをあるいていると看板がでてきます

20150719_5.JPG
登山口、ここまで結構登りきつい

20150719_6.JPG
少しいくと橋が、橋を渡ったあと沢の中を登っていくのかと勘違い。。。

20150719_7.JPG
頂上近くにこんな芝生の広場が。頂上よりこちらでお弁当など食べたほうが
ゆっくりできそう。

20150719_8.JPG
頂上。ここまでくるころにはくたくたMAX

20150719_9.JPG
下山途中。若干ジブリっぽい雰囲気が。

20150719_10.JPG
沢増水中(?)足場不足で渡るのたーいへん。そして頑張って渡ったら間違えていて
また戻ることに。。。




posted by 台北猫々 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月18日

虹がかかる

半分だけの虹は見たことがありましたが、
ちゃんと虹が掛かった状態は初めてみました。
でも、7色はみえないなー

20140718.JPG
posted by 台北猫々 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月05日

「幕が上がる」は"青春の原風景"

「幕が上がる」を見ているときの感覚ってなんだろうと考えて
思いついたのは、田舎の田園風景を眺めている感覚なのだなと
思いました。例えば、このようなものですが(↓)

20150305.jpg

日本人の心にある原風景であるところの田園風景。
それに近いものがありました。

なんだか不思議と懐かしくて、少し切なくて、そんな感覚を与えてくれる
"青春の原風景"である「幕が上がる」はおすすめの映画です。


posted by 台北猫々 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月28日

「幕が上がる」の幕が上がりました

本日公開の「幕が上がる」を見ました。

よかったです。真っ当な青春映画です。なんかずっと見ていたいような映画でした。
たくさんの人に見てもらいたいものです。

この手の小説が原作の映画って、ダイジェストみたいになって
感情移入できないものが多いのですが、そんなこともなかったです。

なんでしょうね、なんかキラキラしているんですよ。なんでかなと考えてみると、
部活というのは本当に夢中になれるもので、だけど時間は限られるという点で儚い
もので、それに少し気づいていながら夢中でいるから、キラキラ映っているのかも
しれません。

あと、なんかクライマックス的ではないところの台詞も無性に胸に沁みるんですよ。
気づくとなんだか泣けてきてしまいました。

こちら(↓)は、プロモーション的な動画ですが、劇中劇の「銀河鉄道の夜」にスポットを
あてたものです。映画を見る前、見た後に見るとなんだか感慨深いです。





posted by 台北猫々 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月22日

「幕が上がる」の幕が上がる



来週から映画公開
「幕が上がる」
 http://www.makuga-agaru.jp/

原作の感じでいうと、

過去、部活を頑張っていたひと、
現在、部活を頑張っているひと、
将来、部活を頑張りたいひと

それぞれが感じるところがあるのではと思う作品でしたので、
映画でどのようになっているか楽しみです。

あっ、あと演劇に興味があるひともきっと面白く見えるのでは
ないでしょうか。

あとこちら、映画のプロモーションの1つですが、表現力がいいです。


Broadcast live streaming video on Ustream

posted by 台北猫々 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月02日

大山〜大山阿夫利神社

初詣として、大山にある大山阿夫利神社に行ってくる。

行ってみたら雪景色、本社がある1200mの頂上までの山道は結構雪があり、
そしてほぼ凍結しているので、通常の登山靴では厳しかった。行きはまだ
よかったのだ。だがくだりは一旦転ぶとそのまま滑って山道からはずれて
落ちていってしまいそうな怖さがあり、くだりきるのに時間がかかった。
というか帰りは下社からはケーブルカーを使った。

9:10ごろ小田急伊勢原駅

20150102_IMG_1463.JPG

ここからバスで大山ケーブル駅へ

10:00ごろ大山ケーブル駅

20150102_IMG_1470.JPG

ここから下社へ徒歩で登りました。

20150102_IMG_1475.JPG

11:00ごろ下社へ到着

20150102_IMG_1489.JPG

20150102_IMG_1494.JPG

さらに本社へ

12:30ごろ本社へ到着

20150102_IMG_1500.JPG

20150102_IMG_1501.JPG


posted by 台北猫々 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

今年について

さてさて、2014年も暮れようとしています。
今年も金麦(琥珀のくつろぎ)を飲みながら、ちょっと振り返ってみよう。

昨年の大みそかに
 「データサイエンティストのスキルを身に着ける!」
なんてことを言っていたのですが、全然です。

なんか、今年は現状に胡坐をかいてしまっていた気がします。反省猫

というわけで来年の目標
 「セキュリティ技術向上」
 「データサイエンティスト技術習得」
あと
 「家購入」。。。これが大変

そういえば、一昨年の大晦日から始まったももクロ熱は続いているなあ。
もう2年か。。ちょっと意外。来年の「幕が上がる」が楽しみ。

ともあれ、来年も頑張っていきまっしょい!猫
posted by 台北猫々 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月08日

猫会議開催

猫会議開催しています。

20141108_1.JPG
posted by 台北猫々 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月12日

陣馬山⇒景信山⇒高尾山

身近なところで気になっていたので行ってきました。

工程はこんな感じ

08:00 高尾駅
08:45 陣馬高原バス停
09:10 陣馬山新ハイキングコース入口
09:45 陣馬山山頂到着
10:10 陣馬山山頂出発
11:30 景信山山頂到着
12:05 景信山山頂出発
13:30 高尾山山頂
14:30 高尾山口

そのあとは高尾にある温泉施設のふろっぴーに行きました。
このコースは途中にいくつも途中に山小屋があり、美味しいものを食べれるのがいいです。

本当はもう1時間早く行く予定だったのですが、寝坊。。。
高尾駅の北口に行くとバス停前に長蛇の列が・・・人気ですね。
とはいえバスには乗れました。大変混んでたけど。

陣馬高原バス停からは普通にアスファルトの道を歩きます。どこまで
なんだろうと思っていると、ハイキングコースの入口がありました。
(見逃しそうでした)

20141012_1.JPG

この新ハイキングコースが何気に結構きつかったです。なんかまっすぐに登っている
感じで、勾配がきつい。。。
陣馬山山頂に着きましたが、景観は曇っていて残念な感じでした。

朝ごはん食べてなかったので、なめこ汁食べました。温かくて美味しかった。

20141012_3.JPG

そのあと、景信山の山頂へ
山小屋でお爺さんとお婆さんが揚げている山菜の天ぷらを食べました。
これも美味しかった。ウドの花もあって珍しかったです。

20141012_4.JPG

景信山の山頂景色

20141012_5.JPG

その後は、高尾山でも団子をたべたり、下山した後に、とろろそば食べたりで
食べ歩きな山歩きでした。

陣馬山山頂までの工程が結構きつかった以外は、難所というものはなかったです。




posted by 台北猫々 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月16日

今日も今日とて

筋肉痛2日目

大菩薩峠は
結構きつかったんだなあ
posted by 台北猫々 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月14日

大菩薩峠

日本百名山の1座、
2000m級、景観がすばらしいとのことで行ってきました。

旅の工程はこんな感じ
07:00 新宿駅出発(スーパーあずさ)
08:33 甲斐大和駅着
09:30 甲斐大和駅から路線バス発
10:30 上日川峠発
10:55 福ちゃん荘
11:25 大菩薩峠
12:20 大菩薩嶺
13:10 丸川峠
14:40 大菩薩峠登山口バス亭
14:50 大菩薩の湯
15:45 大菩薩峠登山口バス亭
16:03 大菩薩峠登山口バス亭発
16:30 塩山駅
その後なんだかんだで新宿駅に着いたのは19:00ごろだったかな?

甲斐大和に着くと、バス亭の前は長い行列。
9時過ぎにマイクロバス的なものがくるも、予約客(?)が先に乗り込み
他の客はほとんど乗れず。その後2台目のバスにようやく乗れました(臨時便だった?)。

上日川峠から大菩薩峠は、特に難所もなくすいすい。
これで2000m級の景観が見れるのはいい。だけど。。。

この日は天候が悪く、残念な感じ
20140914.JPG
本当なら、富士山や南アルプスまで見れるはずだったのに。

丸川峠から大菩薩峠登山口バス亭までの道のりが。。。
はじめの半分ぐらいかな?予想外にきつかった。
こんな感じの場所もあり
20140914-2.JPG
大きい石、根っこ、高い段差などなど、歩きにくいことこの上なし!
心が折れそうになります。

大菩薩の湯、い〜お湯でした。
湯上りは、生ビールとご当地グルメのトリモツをいただく。最高。
20140914-3.JPG

帰りの電車。
混んでて座れなくて立っていたら、1時間過ぎたあたりで急に体調に異変。
視界が壊れたテレビみたいになって、ところどころに黒いノイズが。
冷や汗がでてきて、立っているのがつらすぎる状況。
たまらず、相模湖で途中下車、座って休んでいたら回復したので、再び電車に乗り帰りました。
なんだったのか?貧血的なもの?謎。


posted by 台北猫々 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月16日

昨日は、終戦の日

昨日は、終戦の日ということで、靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行った。
千鳥ヶ淵戦没者墓苑は午前中行ったからか、人があまりおらず静謐とした雰囲気。

8月15日は祝日(”平和の日”みたいな)にして、先の大戦のことを思う日として
明示するのがいいのではとふと思う。
posted by 台北猫々 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月14日

今日は暑いなー

それでも、どこか出かけようか。
さかな食べに行こう。
posted by 台北猫々 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月12日

メディア、やりすぎ



メディアはやることが極端。手のひら返しとはこのことですか。
(小保方さんがメディア批判をしたことへの意趣返しかな)

博士論文まで待ちだして。。。
しかも、これは読む人によっては、実験結果を流用しているように誤解を与えかねない。

科学の論文構成は、

「Introduction(紹介)」

「Material & Method(材料と方法)」

「Result(実験結果)」

「Discussion(考察)」

となっています。Introductionでは実験背景(当該分野の状況の説明や、なぜこの実験を
行うのか)などを紹介するのですが、この部分の流用の疑いがあるということで、論文の
核である実験結果を流用しているわけではないです。

こんな非難するための非難ではなく、STAP細胞の再現性のみに注目すべきと思います。

posted by 台北猫々 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月06日

「河野談話」の欺瞞性



目先の安易な道を選んだために
一体どれだけの国益を損なってきているのだろう。

posted by 台北猫々 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月31日

今年について

さてさて、2013年も暮れようとしています。
今年も金麦を飲みながら、ちょっと振り返ってみよう。

一昨年から捕まっていたプロジェクトが軟着陸できて、ほかの人に
引き継いでも大丈夫な感じになったので、スッと転職しました。

振り返ってみると2011年の暮れから考えていたので、ずいぶん
掛かってしまったなーと思います。

転職については、まあ良かったのではないかと思います。まだまだ
これからどうなるかはわからないですけどね。

そういえば、昨年の紅白で見てから、ももクロにはまってしまった
一年でもありました。そんな長続きしないと思っていたのですが、
なんだかんだで一年間はまり続けてしまいました。

先ほども紅白の出番を見れたので、なんか満足して今年を終われそう
です。

さてさて、来年の目標は、
 「データサイエンティストのスキルを身に着ける!」
にしようと思います。言語とかフレームワークなどより、コア技術
を身に着けてディープな世界に行きたい。

ともあれ、来年も頑張っていきまっしょい!猫
posted by 台北猫々 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記