2014年03月12日

メディア、やりすぎ



メディアはやることが極端。手のひら返しとはこのことですか。
(小保方さんがメディア批判をしたことへの意趣返しかな)

博士論文まで待ちだして。。。
しかも、これは読む人によっては、実験結果を流用しているように誤解を与えかねない。

科学の論文構成は、

「Introduction(紹介)」

「Material & Method(材料と方法)」

「Result(実験結果)」

「Discussion(考察)」

となっています。Introductionでは実験背景(当該分野の状況の説明や、なぜこの実験を
行うのか)などを紹介するのですが、この部分の流用の疑いがあるということで、論文の
核である実験結果を流用しているわけではないです。

こんな非難するための非難ではなく、STAP細胞の再現性のみに注目すべきと思います。

posted by 台北猫々 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90287725

この記事へのトラックバック