2007年10月21日

「質量保存の法則」と「質量とエネルギーの等価性」 その4

その2の続き

ところが、これはちぐはぐした考えになるのですね。物理と化学を合わせた考えでは、結合エネルギーも質量として扱うので、原子の質量は陽子・中性子・電子+結合エネルギーということになり、よって燃焼においても電子の結合エネルギーの減少分だけ、エネルギーを放出しているのなら、質量は減少しているとして扱うべきということになります。

ただ、核融合・分裂反応と比較して、化学反応では放出するエネルギーが小さい(つまり質量欠損がとても小さい)ので、化学反応では、質量の減少は無視してもいいというのが一般的なのだそうです。


追伸:
Webなどを調べていると、良く「厳密には燃焼によっても質量は減少している」と特に説明もなく書かれているのを見かけますが、これだけを見ると混乱してしまいそうです。「厳密には」ではなくて、「特殊相対性理論の質量とエネルギーの等価性を考慮すると」と言わなければいけないんじゃないのと思いました。
posted by 台北猫々 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6050532

この記事へのトラックバック