2012年08月15日

一時ファイル作成メソッド

あまり使い所無いかもしれません。


import java.io.File;
import java.io.FileNotFoundException;
import java.io.FileOutputStream;
import java.io.IOException;


/**
* 指定したサイズの一時ファイルを作成し、そのFileオブジェクトを返す
*
* @param size ファイルサイズ
* @return 一時ファイルのFileオブジェクト
*/
public static File createFile(int size) {

final int BUF_SIZE = 4096;
FileOutputStream _fos = null;
try {

// ファイル接頭辞="Temp"、拡張子=".dat"
File tempFile = File.createTempFile("Temp", ".dat");

_fos = new FileOutputStream(tempFile);

int writeSize = size;
byte[] _byte = new byte[BUF_SIZE];
while (true) {
if (writeSize < BUF_SIZE) {
break;
}
_fos.write(_byte);

writeSize = writeSize - BUF_SIZE;
}
_byte = new byte[writeSize];
_fos.write(_byte);
_fos.flush();

return tempFile;
} catch (FileNotFoundException e) {
e.printStackTrace();
} catch (IOException e) {
e.printStackTrace();
} finally {
if (_fos != null) {
try {
_fos.close();
} catch (IOException e) {
e.printStackTrace();
}
}
}
return null;
}
posted by 台北猫々 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Java)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57591533

この記事へのトラックバック