2011年02月21日

「とある飛空士への追憶」

これは良い。
誇り高い飛行機乗りたちの切ないけど、爽快なストーリーです。
初めから終わりまで一気に読んでしまえる本ですね。

映像で見てみたい気もするなぁ。


posted by 台北猫々 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43532587

この記事へのトラックバック