2011年01月18日

全文検索エンジンの「senna」をWindows上でビルド

全文検索エンジンの「senna」で、n-gramのみを使用する場合は、
Mecabは必要ありません。

ですが、

http://pgfoundry.org/frs/?group_id=1000298
でバイナリで配布されているsenna-1.1.5_win32.zipの中にある
libsenna.dllはlibmecab.dllにリンクしているので、使わないのに
一緒に配置しないといけなくてスマートではないです。

なので、libmecab.dllにリンクしないlibsenna.dllを自分でビルドします。

ここでは、「Microsoft Visual C++ 2010 Express」で、Mecabに依存
しないlibsenna.dllをビルドする方法を示します。

(1)
http://sourceforge.jp/projects/senna/releases/46945
から"senna-1.1.5.tar.gz"をダウンロードして、適当な場所で
解凍します。

(2)
senna-1.1.5\vcc\libsenna.vc8.0.vcprojをVisualC++で開きます。

(3)
プロジェクトのプロパティを開き2箇所を修正
 ⇒構成プロパティ->プリプロセッサ のプリプロセッサの定義に「NO_MECAB」を追加
 ⇒構成プロパティ->リンカー の追加の依存ファイルから、「.\mecab\libmecab.lib」を削除

(4)
メソッド定義ファイルを修正
 ⇒ソースファイルのlibsenna.defの以下の行をコメントアウト(行頭に";")
  ;sen_lex_set_mecab_args @520

これでビルドすればOK。

※こちらも参照
http://qwik.jp/senna/install.html
posted by 台北猫々 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42719562

この記事へのトラックバック