2010年07月17日

「おっぱいバレー」



ストーリーは王道ですが、それだけに安定した面白さがあります。あと、時代背景がレトロなのがいいんですよね、昭和40年代〜50年代でしょうか。その頃の、流行歌が挿入歌として使われているのも、作品をさらに良くしていました。
posted by 台北猫々 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39681401

この記事へのトラックバック