2009年10月19日

鬼面

ある村の神社に鬼の面が4つ保管されていたそうです(3つ
は鬼、1つ鬼婆)。
言い伝えでは、それらは作り物ではなくて、退治した鬼の顔を
そぎ落としたものであると言われていました。

ある時、若者達がそれらの鬼面を盗み出しました。その内の一人
がふざけて鬼面を顔につけたそうです。

すると、不思議なことに鬼面がとれなくなってしまいました。
そして、しばらくすると若者は正気を失い、他の村人を殺して
回ったそうです。まるで鬼がついたように。。。

結局のところ、軍が出動することになって、その鬼面に憑かれた
若者は射殺されたそうです。ですが、死してなお鬼面はとれず
仕方無く、そのまま埋葬されたそうです。

くわばらくわばら。


posted by 台北猫々 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33044545

この記事へのトラックバック