2009年09月10日

ことの葉ひらひら その37

「凡ての傷口を癒合するものは月日である」

〜夏目漱石


時間は凡てのものに対して平等で残酷にということです。
つらくても忘れたくない傷を容赦無く塞いでしまいます。
posted by 台北猫々 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ことの葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32042293

この記事へのトラックバック