2020年03月30日

コロナについて色々言われていることにはフィルター必要

・感染症対策の専門家でない医師が新型コロナ対策についてコメントしますが、あくまで参考意見かなと。
 ⇒ 餅は餅屋でしょうし、ワクチンも治療薬もないウイルス相手なので、インフルエンザとは別物かと。

・ドイツと日本の致死率を比較するのは違うのかなと思います。
 ドイツの致死率推移は以下のように上昇傾向となります。
   3月17日 0.2%
   3月24日 0.4%
   3月30日 0.6%
 そもそもステルス感染者がいるという状況の中で、感染者数(母数)は検査の仕方によって構成が
 異なるので国家間での比較自体に意味がありません。

 ※中国やクルーズ船の報告からは致死率は1%程度となっています。医療崩壊が起きなければこのぐらい
  に収斂するのかもしれません。

・「早期発見・早期治療」は、例えば結核などのワクチンが既にあるものについては常套手段ですが、
 ニューヨーク州などは「早期発見・早期治療」路線ではなく日本タイプ(重症者の対応に力点をおく)
 に切り替えています。

・「日本でコロナによる死者数が少ないのは、実は肺炎による死者数の中に紛れているのではないか説」について
 こちらは安倍首相が3月28日の会見時に話していますね。その疑問は首相も考えて確認したところ、
 亡くなった方の肺のCTスキャンでコロナによる肺炎の特徴があればPCR検査を行っているとのことだったので
 この説は眉唾かと思われます。
 
posted by 台北猫々 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187327636

この記事へのトラックバック