2019年03月24日

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています



ヘーゲルの弁証法 基本的に議論するときは弁証法で行うスタンス。
親鸞の歎異抄はどんなだろうか
デカルトの「困難を分割する」はプロジェクト管理でタスクを細分化するのと同じ

「死」というのは事前に自分で経験することも、他人の経験を聞くことも不可能
posted by 台北猫々 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185760442

この記事へのトラックバック