2017年02月08日

不条理というのは

不条理というのは、どんな人にも公平に訪れるもの。
理解はできても、やはり「なんで?」と。

ジョパンニがカンパネルラの死を受け入れるのに銀河を横切るほどの
時間が必要になったように。



posted by 台北猫々 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178702825

この記事へのトラックバック