2008年03月28日

プログラミング言語比較の巻(1)

最近Archiveの方で、「各種言語のスケルトン」というものを始めていまして、狙いとしてはプログラミング言語を横断的に網羅したナレッジベースを構築したいというのがあります(「コードなにがし」に方向付けを強く付加したイメージでしょうか)。

副産物として、同じ処理を色々な言語でコーディングしてみて、比較することで言語の特徴や、今後習得すべき言語を考察することもできるかなあというのもあります。

各言語に対する考察をおいおいとしていくとして、今日のところは、こんなページの紹介をしておきます。

「TIOBE Programming Community Index」
http://www.tiobe.com/index.php/content/paperinfo/tpci/index.html

月毎に言語の人気ランキングを集計しているサイトです。
上位5位までの言語はやはりという感じですね、それに続くPerlも納得いう感じです。

意外なのはRubyでしょうか。メディアで取り上げれているほどには、普及していないのが実情なのでしょうか?とはいえ、日本産の言語がトップ10入りしているのは嬉しい感じがしますね猫

とりあえずは、こんなところで。

posted by 台北猫々 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コラムみたいな
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13261818

この記事へのトラックバック