2008年02月26日

Ext2.0化進行中〜「Window + Tab」

DHTML&Ajaxの超リッチクライアントのフレームワークのExt2.0技術情報公開ページ C/C++への試験導入が進行中です。一度、ご覧あれ。

各クラスの詳細ページに「Window + Tab」のフローティングレイヤーを導入しました。

それにより、Ext2.0を試してみました。で作成した"ext.js"では、足りなくなったので、再び↓のページで、
Core - Components(Needed for widgets)
Core - Utitility
Core - Drag and Drop
Layout ※Optional Features/Dependenciesは無し
Menu Widgets ※Optional Features/Dependenciesは無し
Data - Core
Data - JSON Support
Data - Simple Store
Grid - Core ※Optional Features/Dependenciesは、Drag and Drop Column Reader, Column Resizing, Grouping Support

Window + Tabの分で、
Tabs
Button Widget ※Optional Features/Dependenciesは無し
Resizable
LayoutのOptional Features/Dependenciesで、「All Layouts」と「Window」
を追加して"ext.js"を再作成しました。

段々慣れてきました猫

posted by 台北猫々 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(JavaScript)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11484724

この記事へのトラックバック