2008年02月25日

ファイングレインアクセスコントロール(FGAC)の前準備

この機能は、使ったことはないのですが、DWHなどでは便利なのでしょうか?

「ファイングレインアクセスコントロール(FGAC)」と「アプリケーションコンテキスト」を使用して表の行データへのアクセスを制御できるようです。

とりあえず、試してみるかということで、ポリシーを登録しようとしたところ以下のようなエラーが・・・
DBMS_RLS.ADD_POLICY (
*
行2でエラーが発生しました。:
ORA-06550: 行2、列1:
PLS-00201: 識別子DBMS_RLSを宣言してください。
ORA-06550: 行2、列1:
PL/SQL: Statement ignored

そういえば、
SQL> @(ORACLE_HOME)/rdbms/admin/catalog.sql
SQL> @(ORACLE_HOME)/rdbms/admin/catproc.sql

を実行していなかった。と思って実行してから、ポリシーを登録しようとしても状況変わらず・・・
というか、DBMSパッケージの実行権限を与えないと駄目じゃん!ということに気づいて、SYSユーザで以下のコマンドを実行。
GRANT EXECUTE ON DBMS_RLS TO ユーザ名
とりあえず、問題はクリアできました。猫

posted by 台北猫々 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Oracle)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11434797

この記事へのトラックバック