2008年02月02日

共有オブジェクト(*.so)を作成するMakefile

Makefileの書き方って、結構忘れがちですよね。
というわけで、メモ。

LinuxでSharedObject(=共有オブジェクト(*.so))ライブラリを作成するMakefileのサンプルです。

あっ。C++版です。


#
# Makefile for
CC = g++
SRCDIR = .
OBJDIR = ./
INCD00 = ./
TARGET = libSample.so
DEST = ./
CP = /bin/mv
LIBS =
CFLAGS = -Wall -O -pthread -DX86
INCD = -I. -I$(INCD00)

vpath %.h $(INCD00)
vpath %.cpp $(INCD00)
#
SRCS=\
$(INCD00)Socket.cpp \
$(INCD00)SocketStream.cpp \
#
OBJS=\
$(OBJDIR)Socket.o \
$(OBJDIR)SocketStream.o \
#
all: $(TARGET)
#
.cpp.o:
$(CC) $(CFLAGS) -c $(INCD) $<
#
$(TARGET): $(OBJS) $(SRCS)
$(CC) -shared -Wl,-soname,$(TARGET) -o $(TARGET) $(OBJS) $(LIBS)
@rm -f $(OBJS)
@echo "libSample.so make success"

install: $(TARGET)
@echo Installing $(TARGET) in $(DEST)
@$(CP) $(TARGET) $(DEST)

clear clean:; @rm -f $(OBJS)
@rm -f $(TARGET)
#


良かったらクリックお願いします→banner_01.gif

2008.2.5訂正 余計なオプション(-pthread -DX86)を削除
posted by 台北猫々 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Linux C/C++)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10402671

この記事へのトラックバック