2019年05月28日

黒猫館の殺人



違う趣向
posted by 台北猫々 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

臨死体験について思ったこと

臨死体験の共通イメージで、トンネルを抜けて明るい場所に出るというのは、
出産時の記憶がフラッシュバックしているのかな、その記憶に他の記憶が
混ざる感じ。
posted by 台北猫々 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月26日

また、同じ夢を見ていた



ほっこり、ほろりな感じ。
幸せとは? 誰かのことを真剣に考えることができること。
posted by 台北猫々 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2019年05月12日

なぜ地球だけに陸と海があるのか――地球進化の謎に迫る



基本的に大陸形成メカニズムのお話。

ジャイアントインパクトの時期は約45億年前。(勝手に約40億年前と思っていた。。
隕石重爆撃期が40億年前〜38億年前。
以前にテレビで、隕石重爆撃期は、大きな隕石衝突で岩石蒸気が発生、この蒸気が地球を覆って
表層温度は3000℃〜4000℃になっていたようとの話があり。

posted by 台北猫々 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2019年05月06日

コーヒーが冷めないうちに



このフレーム(もう会えないはずの大切な人に会うけど、もう一度別れることになる)は泣いてしまう。
タイムリープ系で、前提条件に「過去に干渉しても、現状は変わらない」があるのは、目新しい。
結局変えられるのは、今の自分、そして未来となる。そのきっかけが過去へのタイムリープ。
posted by 台北猫々 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2019年05月05日

男系女子と女系女子の天皇

直近のメディアの情報の出し方を見ると、

男系女子と女系女子の天皇の論点をさておいて、ただ女性天皇の是非について
の話をしているように見えるが、わざと情報操作を仕掛けている?
posted by 台北猫々 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月02日

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション 展

よかった。

エドガー・ドガ 《リハーサル》
アンリ・ル・シダネル 《雪》

posted by 台北猫々 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術

2019年05月01日

惑星気象学入門――金星に吹く風の謎



サブタイトル通り、金星のスーパーローテーションの話題がメイン。
(執筆当時は金星探査機「あかつき」がトラブルで周回軌道に入れていなかったが、
 現在は周回軌道で観測中)

地球以外だと、金星・火星のような地球型惑星なら地球の知見をベースにした分析ができなく
もないが、木星、土星、海王星、天王星になると天体の在り方がことなるし、そもそも観測
データが少ないので、気象学という体系的なものにはできていないということのよう。

火星の極地にあるドライアイスの下には、氷があることがわかっているそうで、
かつて液体の水があったかもで、そうすると生命が生まれていたかも、極地の
氷を採取したら、微生物が含まれていたらと、色々と妄想してみる。

衛星タイタンには、メタンの雨が降り、メタンの海があるとのこと。
そんな星に立って、その光景を見ている自分を想像するとワクワクする。
posted by 台北猫々 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術