2013年11月05日

Perlのリファレンス2 〜無名ハッシュへのリファレンス〜

このあたりはC言語的な仕様です。

@とAは同じことをしているのですが、"{}"と"()"で意味が異なるのです。
前者"{}"はハッシュのリファレンスと返し、
後者"()"はハッシュの実体を返します。


@
$rhash = {
a => 1,
b => 2,
c => 3,
d => 4
};
print $$rhash{c}, "\n";


A
%hash = (
a => 1,
b => 2,
c => 3,
d => 4
);
$rhash = \%hash ;

print $$rhash{c}, "\n";
posted by 台北猫々 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Perl)