2013年11月04日

Perlのリファレンス1

Perlのリファレンスというものを初めて知りました。

C言語のポインタ変数的なものですね。
スクリプト言語にこういう仕様があるのが意外でした。


my $str = 999;
# 変数"$str"のリファレンス(アドレス)を取得する。
my $pstr = \$str;

# リファレンス(アドレス)の示している内容を表示する。
print $$pstr, "\n";

print $str, "\n";


※C言語だとこんな感じ

int n = 999;
int* pn = &n;

printf("%d\n", *np);
printf("%d\n", n);
posted by 台北猫々 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Perl)