2013年07月04日

オープンソースの落とし穴

PostgreSQLのアドオンで「textsearch_senna : N-gram方式 全文検索」というのが
公開されています(↓)が、

http://textsearch-ja.projects.pgfoundry.org/textsearch_senna.html

こちらがちょっとご用心、ヘビーな障害が放置されたままになっています。

その障害については、別のプロダクトのページ(↓)に記載されています。

http://textsearch-ja.projects.pgfoundry.org/textsearch_groonga.html

内容は、
「 (textsearch_senna では設計上の欠陥で間違った結果が返ることがありました。)」

......致命的。
なんで、textsearch_sennaのページに記述しないのだろう。

ちなみに詳細内容は、更新・削除を行うテーブルの場合に検索結果がWHERE条件と異なる
というもの。直そうと思うと大改修になるため、もはや修正はしないみたい。

うっかり使用すると、落とし穴にはまるので注意を。



posted by 台北猫々 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ