2010年06月26日

鈍刀乱舞

ふと気づくと、

私は「鈍(なまくら)」の日本刀を片手に、川の中で、共闘している人達と共に、鬼を囲んでいました。なぜか鬼を切れるのは、その「鈍」のみということでした。

しかし、鬼の爪をぎりぎりでかわしながら、ふところに入り込み、逆袈裟に切るのですが、弾かれてしまいます。

「話が違う!」と思いながらも、何回か切りつけるのですが、結果は変わらず。

私も焦り出しました。。。




posted by 台北猫々 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記