2009年11月15日

『神様のパズル』DVD

今日は久しぶりにDVDを借りて見ました。
以前に小説の方を読んで、面白かったので見てみました。

多分失敗パターンであろうと、思っていたのですが、、、

やはり失敗でした。。。う〜ん、きっと原作を読んでいないと
もう少し楽しめるのかもしれませんね。

元々、原作が映画向きではないのに、無理に映画化してしまった
のかなと思います。原作では科学や哲学的な部分が強かったの
ですが、その辺はだいぶバッサリ切って、普通の作品に仕上げて
いました。

原作の面白かったのは、あくまで日常というか平凡というかそう
いった中で、「宇宙の作り方」という突拍子もない命題を扱うと
いうシュールなところなのですが、全国公開の映画だとキャラクタ
とかを濃くしないと受けいれられづらい事情とかあるのかなと
思いました。

posted by 台北猫々 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術