2008年11月01日

「神様のパズル」

以前に紹介した「僕たちの終末」と同じ作者が書いたSF小説です。

おもしろかったです〜退屈せずに最後まで読みました。(^^)/

天才少女と落ちこぼれ大学生が、大学のゼミの課題として宇宙の作り方を解明しようとします。落ちこぼれ大学生が、宇宙創造に関わりつつ、稲作の手伝いなどをやっている対照性が素晴らしいです。

宇宙誕生の謎を追い求めた橋詰老人がつぶやいた
「こういうことだったのか・・・」
がとても印象的でした。


posted by 台北猫々 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD