2008年05月10日

フロンティア・スピリッツ?

最近、陽気が暖かくなってきたせいか、通勤途中の道路(アスファルト)の上で元気に動き回る毛虫を見かけるようになりました。

道の左側が茂みなので、そこから出てきているのですが、なんか不思議な感じがします。なぜ、わざわざ危険な道路に出てきているのでしょう?そのまま茂みにいれば安全なのにと。

やはり、人間だけでなく毛虫の中にも、ここじゃないどこかを目指すものがいるということなのでしょうか?かつて、ユーラシア大陸にいたモンゴロイドが、地続きになっていたベーリング海峡を越えて、新天地アメリカへ移住したように。はるか先にある永遠のユートピアを目指すように。
posted by 台北猫々 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記