2008年02月23日

ユーザ作成

2年というブランクは、ユーザ作成の仕方すら忘れさせてしまうには十分の時間だったようです。ショックです猫

とりあえずメモしておこう。。。

================================================
CREATE USER ユーザ名
IDENTIFIED BY パスワード
[DEFAULT TABLESPACE デフォルト表領域名]
[TEMPORARY TABLESPACE テンポラリ表領域名]
[PROFILE DEFAULT]
/
GRANT CONNECT TO ユーザ名
/
GRANT RESOURCE TO ユーザ名
/
GRANT UNLIMITED TABLESPACE TO ユーザ名
/
================================================



デフォルト表領域名は、"USERS"
テンポラリ表領域名は、"TEMP"
にデフォルトでDBを構築しているとなりますね。

GRANT UNLIMITED TABLESPACE TO ユーザ名は、本番ユーザであれば容量制限するべきでしょうが、まあ勉強用なのでいいかなと。

posted by 台北猫々 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Oracle)

いきなりですか?

OracleMaster 10g Goldへの移行試験の勉強を開始しようと思いまして、とりあえずOracle10gを家のマシンにインストールしました。インストールは特に問題無くできまして、さあデータベースを作成しようとしたところ、

20080223OracleDBCAError.jpg

出ました・・・Oracle恒例の意味不明エラー。。。EM(EnterpriseManager)の構成に失敗しているようですね。

指定のログファイルを見ると、
============================
設定: Stack Trace:
oracle.sysman.emSDK.conf.TargetAdditionException: ターゲット・リストをC:\usr\local\oracle\sysman\emd\targets.xmlへ保存中にエラーが発生しました :: Malformed \uxxxx encoding.
at oracle.sysman.emSDK.conf.TargetInstaller.addTargetInt(TargetInstaller.java:1143)
at oracle.sysman.emSDK.conf.TargetInstaller.addTarget(TargetInstaller.java:983)
at oracle.sysman.emSDK.conf.TargetInstaller.addTarget(TargetInstaller.java:943)
at oracle.sysman.emcp.EMAgentConfig.updateTargets(EMAgentConfig.java:2730)
at oracle.sysman.emcp.EMAgentConfig.updateAgentConfigFiles(EMAgentConfig.java:2544)
at oracle.sysman.emcp.EMAgentConfig.performConfiguration(EMAgentConfig.java:1166)
at oracle.sysman.emcp.EMAgentConfig.invoke(EMAgentConfig.java:207)
at oracle.sysman.emcp.EMAgentConfig.invoke(EMAgentConfig.java:185)
at oracle.sysman.emcp.EMConfig.perform(EMConfig.java:146)
at oracle.sysman.assistants.util.em.EMConfiguration.run(EMConfiguration.java:430)
at java.lang.Thread.run(Thread.java:534)
============================
と、どうしたらいいか良くわからないエラーが出ていました。

約2年ぶりにOracleを扱いましたが、こういうところ変わってないですね(^^;

と思いましたが、WindowsXP Home Editionはサポート対象外なんですね。うっかりしていました。猫

一応強引にEMを構成しようと思いましたが、ちょっと難しそう。
とりあえず、データベース機能本体は動作しているようなので、まあ、いいかなと。技術的には、コマンドベースで覚えた方が身に付きますしね。
posted by 台北猫々 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Oracle)

公開しました(RESTClientクラス)。

新たに公開したのは、↓です。
■RESTClientクラス(C/C++)Windows,Linux共用
WebサービスのRESTタイプのクライアント処理を行います。

返却オブジェクトとして↓のXMLParserのXMLNodeを使用させていただいています。
http://www.applied-mathematics.net/tools/xmlParser.html

【↑のURLでも説明がありますが、以下にxmlParserの簡単な使用方法を示します。】

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ResultSet xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" pgr="478070">
<Result>
<Title>Projet de loi de finances pour 2006</Title>
<Cache>
<Url>http://wrs.search.yahoo.co.jp/l=WS5/R=1/;</Url>
<Size>1137508</Size>
</Cache>
</Result>
<Result>
<Title>Projet de loi de finances pour 9999</Title>
<Cache>
<Url>http://wrs.search.yahoo.co.jp/l=WS5/R=1/;</Url>
<Size>1137508</Size>
</Cache>
</Result>
</ResultSet>

↑のXMLデータがレスポンスで返却されるとして、Resultタグのリストを表示したいなら、以下のように処理します。

RESTClient rest("http://xxx.search.xxx.co.jp/WebSearchService/V1/webSearch");
rest.SetParam("appid", "XXXDemo");
rest.SetParam("query", "finances");
rest.Get();
XMLNode main = rest.GetResponseXML();

//ルートのタグとなるResultSetタグのXMLNodeを取得します。
XMLNode root = main.getChildNode("ResultSet");

//Resultタグの数を取得します。
int n = root.nChildNode("Result");

int i,iterator=0;
for (i=0; i<n; i++) {
//Resultタグを順次的に処理します。
XMLNode xResult = root.getChildNode("Result",&iterator);

//Resultタグの子ノードであるTitleタグを取得します。
string str = xResult.getChildNode("Title").getText();
printf("Title %i=%s\n",i+1, str.c_str());
}

また、ResultSetタグの"pgr"属性の値を取得したいなら以下のようにアクセス
します。

main.getChildNode("ResultSet").getAttribute("pgr") → 478070

簡単ですが以上です。


公開URLはページの→側にもありますが、
http://winter-tail.sakura.ne.jp
です。


良かったらクリックお願いします→banner_01.gif
posted by 台北猫々 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記