2008年02月18日

文字コード変換ライブラリ「ICU」セットアップ(Fedora8)

Linux(Fedora8)向けのセットアップ方法です。

1.IBM ICUのホームページ
http://www.icu-project.org/
↑のDownload ICUから辿っていき、「icu4c-3_8_1-src.gz」をダウンロードします。

2.ICUライブラリを構築します。
以下のようにコマンドを実行していきます。
#cp -p icu4c-3_8_1-src.gz /tmp

#tar zxvf icu4c-3_8_1-src.gz

#cd /tmp/icu/source

#./configure
checking for ICU version numbers... release 3.8.1, library 38.1
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
checking host system type... i686-pc-linux-gnu
checking for gcc... gcc
〜〜〜
config.status: creating common/unicode/platform.h
config.status: creating common/icucfg.h
You must use /usr/bin/gmake to build ICU.

#make

3.ICUライブラリとインクルードファイルをインストールします。
#make install

ICUライブラリ(*.so)→/usr/local/lib
ICUインクルードファイル(*.h)→/usr/local/include
にインストールされます。

完了です。


良かったらクリックお願いします→banner_01.gif
posted by 台北猫々 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ(Linux C/C++)