2008年01月14日

神社

気づくと、

山の上の神社の入り口にいました。
左を見ると朝日が昇っていました。
右を見ると夕日が落ちていました。
正面を見ると、朝焼けと夕焼けに照らされた石畳で女の子が手毬をついて遊んでいました。

私は「早くお参りしなくちゃ」と思って進みましたが、いつのまにか行列ができていました。

私は「ああ、どこも混んでいるんだなあ」と思いました。

良かったらクリックお願いします→banner_01.gif
posted by 台北猫々 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記