2007年08月05日

「平面いぬ」

乙一(白)さんの作品です。幻想という海の浅瀬にいるような感覚、不思議で、少し切ない感じを味わいたい人におすすめ。猫

乙一さんの作品は、乙一(白)と乙一(黒)の両方を読むと、その2面性が楽しめます。

「平面いぬ」集英社文庫 乙一著
●石ノ目
●はじめ
この話の透明感がお気に入りです。
●BLUE
●平面いぬ。

posted by 台北猫々 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・DVD・映画・美術