2016年10月30日

ダリ展

今日は、「シュルレアリスム」の作品(「奇妙なものたち」)を実際に見たくてダリ展にいった。
「シュルレアリスム」以外の作品も見たが、、

初期作品の風景画もよかった、「こういう描き方があるんだ」と感心した。
中でも「縫い物をする祖母アナの肖像」は薄暗い部屋に外から
優しい光が差し込んでいる感じがとてもすきな作品。

「窓辺の少女」も見てみたかったが今回は展示がなかった。残念。

「シュルレアリスム」の作品は見ていて不思議な気分になる。
なんというか、その作品の中にいるかのような感じ。もしくは作品から飛び出してきているような。
 ・「謎めいた要素のある風景」
 ・「奇妙なものたち」
 ・「オーケストラの皮を持った3人の若いシュルレアリストの女たち」

posted by 台北猫々 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月23日

「シン・ゴジラ」と「君の名は。」

立て続けに邦画を見る。
両方とも良作。心を揺さぶられる。
ロングランになっていることに納得。
posted by 台北猫々 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月24日

あれ?

黒木華と芦田愛菜って似ている
posted by 台北猫々 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月05日

読書記録

読了
『果つる底なき』池井戸潤
『七つの会議』池井戸潤
『幻想郵便局』堀川アサコ

タグ:読書記録
posted by 台北猫々 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録

2016年02月11日

無題な日々27

「深層学習」2回目開始
2回目の方が内容が理解できる(あたりまえ)。
10回目の時はもっと理解できるようになるだろう。という気持ちで進める。
posted by 台北猫々 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 無題な日々

2016年02月07日

無題な日々26

「深層学習」1回目読了

微分や統計学の知識がないと1割も理解できない。
2回目以降1か月に1章づつ進めていく感じにするか、それとも全体を
繰り返して理解を深めるか迷う。
posted by 台北猫々 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 無題な日々

滑落舞台

〜夢日記〜

ふと気づくと

ダウンタウンの松ちゃんと急にお笑いの舞台に立つことになりまして、
入念な打ち合わせして台詞も決まっていたのですが、
いざ舞台に立ちますと台詞が飛んでしまい、頭が空白になりました。

受けるかなと思ってアドリブを適当に言ったのですが、ダダ滑り。。
本物の舞台は厳しいのだなと思いました。

posted by 台北猫々 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記

2016年02月06日

無題な日々25

読了

2500年前でこんなことを考えていた人がいたんだなと思うと面白い。
普遍性、定番なものというものはあるんだなあと思った。
posted by 台北猫々 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 無題な日々

2016年01月30日

無題な日々24

読了「黒猫の三角」 森 博嗣

ストレッチ続行により、首や背中の痛みが良好。
立位体前屈で指が床につくようになった。
posted by 台北猫々 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 無題な日々

2016年01月24日

無題な日々23

近所の温泉にいって日なたぼっこ。
日にあたっていると裸でも平気。

「深層学習」
自己符号化器・・・ニューラルネット。ディープネットの事前学習。重みの初期パラメータ
         の取得を目的として使用される。
         A⇒B⇒A´ Aが元通りになるようにニューラルネットを調整
posted by 台北猫々 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 無題な日々